園芸療法

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法では言語障害(失語症、構音障害)、摂食・嚥下障害(食べ物の飲み込みの障害)の方に必要な検査、訓練や指導、助言を行っています。
本施設では具体的に失語症(話す、聞く、読む、書くことの障害)、構音障害(発話するために必要な器官の動きが低下し、声が出にくい、 呂律が回らないなどの症状が出る障害)の方に言葉の訓練を行っています。また摂食・嚥下障害(食べ物が上手く噛めない、飲み込めないなどの障害)の方に嚥下の指導、訓練を行っています。
訓練は基本的にすべてマンツーマンの個別訓練を行っており、各々の検査等からその方の障害等に応じたプログラムを立て訓練を行っています。

ページトップ↑

またデイケア(通所リハビリテーション)利用者様中心に昼食前に集団で簡単な首周囲や肩、舌、唇、顎、頬などの体操や発声練習を行い食事(嚥下)が スムーズに行いやすいよう集団体操を行っています。


また摂食・嚥下障害の方には医師、言語聴覚士、管理栄養士、看護師、介護職員等、職員間で情報を共有し、ご本人の嚥下機能の状態を考慮した食事介助方法の統一、 その方の摂食・嚥下障害の状態に応じた食形態や食事内容を工夫したトロミ剤等の調整や内容、量等にも配慮し、より安全によりおいしく食事を召し上がっていただくよう援助しています。

ページトップ↑